• 化粧水の保湿効果をアップさせる方法

    普段スキンケアの際に化粧水を利用する場合、洗顔後に適量の化粧水やローションを手のひらに出して、パシャパシャと肌に押し当ててお手入れを完了している方は多いですが、これだけでは肌内部まできちんと保湿成分が浸透指定ない可能性が高く、スキンケアを行っているつもりでも肌が乾燥してしまう恐れがあります。

    化粧水の保湿情報ならこちらのサイトです。

    そこでしっかりと保湿効果を肌に与えたいなら、コットンパックを定期的に行うことをおすすめします。
    コットンパックとはメイクオフの際に使用するコットンを2〜3枚用意して、普段使用している化粧水をコットンがひたひたになるまで染み込ませます。



    十分に水分が染み込んだらコットンを数枚に割いて顔全体に隙間が出来ないように貼り付けます。この時口周りや目の周りは避けて綺麗に貼り付けることが大きなポイントになります。



    顔全体にコットンを貼ったら、約10〜15分を目安にコットンパックを行い、時間が経ったらコットンを外して乳液とクリームで潤いに蓋をしてお手入れは完了です。

    フェイシャルマスクと同じような保湿ケアが行えますし、何より自宅にあるスキンケアアイテムで簡易のパックが行えるので、肌内部にしっかり潤いを与えてもっちりとした肌質になります。


    定期的にコットンパックを行うなら、たっぷり使用できる大容量のプチプラ化粧水を活用すると、コットンパックもリーズナブルな値段でケアを行うことが出来ますし、顔以外にも全身の保湿に使用することが出来ます。